2013年12月15日

コスメティックスのギフト:コンディショナーについて

コスメティックスのギフトとして、スキンケア商品やメイク用品を選ぶのはある意味冒険に近いものになってしまいます。
というのも、コスメティックスとしての評価が高いものや高価なブランド品であっても、人の肌質は個人差があるため、必ずしも喜ばれるとは限らないからです。

その点、コスメティックスをギフトとして購入する場合、ヘアケア製品ならばある程度誰でも使えるというメリットがあります。
シャンプーにはこだわりを持っている人も少なくありませんが、コンディショナーはヘアケアに一手間くわえる意味合いがあるため、家族の誰でも使うことができます。
使った分だけ髪が綺麗になるのが目に見えて分かりますので、日頃どのようなコスメティックスを使っているか分からない人に対してプレゼントする時にも最適です。

もちろん、プレゼントとして購入する場合には、天然由来成分配合のものやアミノ酸系のものなど、髪や頭皮に優しいものを選びましょう。

posted by 看護士になりたかったips好き介護士 at 18:42| Comment(0) | コスメ

2013年12月08日

コスメティックスのギフトとしては適量なものを

コスメティックスをギフトとして贈られる場合、アイシャドウ・チークや口紅などのように色付くものではなく、スキンケア等の使用目的のコスメティックスの方がお薦めです。

スキンケアと言いましても、フェイスのスキンケア用品は、その人それぞれに決められた、ご自分の肌に合ったコスメティックスを既に使用されているでしょうし、お薦めできません。
どちらかと言えば、マッサージオイルやボディクリームやハンドクリーム、リップバームなどがお薦めです。
そういうものでしたら、現在使用されているものの他に一つ増えても、気分により使い分けたり、一向に差し支えないからです。

ですが、そういったものでも、香りとか使用感とか、やはり好みがありますので、コスメティックスをギフトとして贈られる場合は、量が多過ぎない適量なサイズのものを選びましょう。

そうなると、ボディクリームやマッサージオイルは、量が多いですよね。
ですので、適量サイズを望まれるなら、ハンドクリームやリップバームの方が、いいのかもしれません。

飽きがきて無駄にならないよう、適量なコスメティックスを贈って、喜んでいただきましょう。

posted by 看護士になりたかったips好き介護士 at 23:12| Comment(0) | コスメ

2013年11月02日

ギフトで貰ったコスメティックス:使用期限を守ろう

誕生日やクリスマスなどのイベント時には、コスメティックスのギフトを貰う機会もあると思います。

しかし、自分の好みとは合わなかったり、たまたま使う機会を逃してしまいっ放しのコスメティックスギフトがあったら要注意です。

コスメティックスというのは、使用期限があります。
化粧水や乳液などの水分量が多いコスメティックスの場合は未使用でも1年以内、ファンデーションやアイシャドウなどの水分量が少ない粉っぽいコスメティックスの場合は未使用で3年程度といわれています。

一度でも開封して空気に触れている場合はもっと使用期限が短くなるので、注意が必要です。

また最近人気のある無添加やオーガニックのギフトは、保存料が配合されていないため通常より更に使用期限が短くなります。
なので貰ったら早めに使いきるか、もしくは家族や友人など誰かに譲ったり、フリーマーケットやインターネットオークションで販売してみるなど、有効活用をしましょう。

posted by 看護士になりたかったips好き介護士 at 23:12| Comment(0) | コスメ